• 少林寺のトップ
  • 少林寺の施設紹介
  • 永代供養塔 獅子吼塔について
  • 生前予約のご紹介

少林寺の施設紹介

外観
開創は1735年(享保20年)、勧請開山は徳翁良高禅師、開祖は黙子素淵禅師であります。中国の禅宗の祖達磨大師の住まわれた少林寺と同じ山号をもつ寺です。当寺の開祖が仏法に対して熱き想いがあったからだと伝えられています。この時代少林寺は遠州の鬼道場として全国に響き渡っており、正法眼蔵を世に開版された永平寺50世玄透即中禅師も若き頃、ここ少林寺で修行し後の玄透禅師の人生に大きな影響を与えております。
また、当寺2世悦巌素忻禅師は、良寛に多大なる影響を与えた一人であり、沢山の名僧を輩出した寺でもあります。

※ご覧になりたい写真をクリックしてください。拡大して表示されます。

  • カタログ無料送付 お申し込みはこちら
  • 納骨・永代供養に関するお問い合わせは 0120-394-394 受付時間9:00〜17:00(年中無休)

ページトップへ